1月26日 APASTイベント「改めて福島原発事故の地震の影響を考える」

「改めて福島原発事故の地震の影響を考える」
~過渡現象記録装置のデータを検証する~

東京電力福島第一原発で過酷事故が起こってから間もなく3年。いまだに収束の兆しは見えず、事故原因も解明されていません。この事故原因を導き出す証拠の一つが過渡現象記録装置のデータです。東京電力が一時期公開を拒んだこのデータが意味する事柄について、元東京電力技術者と原発メーカー技術者が一緒に考えます。

基調講演 木村俊雄(元東京電力技術者)
コメンテーター 佐藤暁(元GE技術者)
モデレーター 後藤政志(APAST理事長)

日 時 2014年1月26日(日) 13:30-17:00(受付 13:15から)
場 所 ハロー貸会議室永田町 3階 (定員100名)
住 所 東京都千代田区平河町2-16-9 平河町KDビル3階
東京メトロ半蔵門線、有楽町線、南北線 「永田町駅」 4番出口徒歩2分
東京メトロ銀座線、丸の内線 「赤坂見附駅」 7番出口徒歩8分
参加費 1,500円
主 催 NPO APAST
問合せ Mail : apast.info@gmail.com

2014年が明けて初めてのイベントを開催致します。
皆様のご参加をお待ちしております。

席に限りがございますので、なるべく事前にお申し込みください。
お名前とご連絡先をMailでお送り頂くか、以下の申込フォームでお申込みください。

ダウンロード用のチラシはこちらです。
APAST_20140126