3月29日 APASTイベント「安全工学からみた原発 安全の基本原理がなぜ成立しないのか」

APASTは2014年度最後のイベントを開催いたします。

日 時 2015年3月29日(日) 13:30~17:30(開場は13:00頃)
場 所 明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー8F1083室
参加費 一般:1,000円 学生・APAST会員:500円

【主催】NPO法人APAST
【共催】明治大学安全学研究所

当日のスケジュールは以下です。

■13:30~13:40
はじめに「シンポジウムの目的」
・後藤政志(NPO法人APAST理事長)

■13:40~15:40
第一部【基調講演】
・杉本旭(明治大学理工学部教授 同大学院新領域創造安全学専攻)
『安全の正しいモノサシ~安全を基本から解き明かす~』

・佐藤国仁(技術士・機械安全技術者)
『機械安全という安全構築の方法と原発』

■15:40~16:00 休憩

■16:00~17:30
第二部【パネルディスカッション】
・後藤政志
『原発の安全を機械安全と比較する』

パネリスト
・杉本旭
・佐藤国仁
・筒井哲郎(APAST事務局長、元プラント設計技術者)
・小倉志郎(コスタリカに学ぶ会世話人、元・原発技術者)
・後藤政志
・司会 友澤悠季(立教大学社会学部)

当日は出演者の著書、関連図書、グッズ等の販売もございます。

詳しくは以下のチラシをご覧ください。
また後藤政志より、イベントについてメッセージ動画も公開しております。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

お問合せ apast.info@gmail.com

後藤政志からのメッセージ

2015/03/29 APASTイベントチラシ(約4MB)

後藤政志理事長、テレビ朝日「朝まで生テレビ!」出演のお知らせ

■□ 後藤政志理事長、テレビ朝日「朝まで生テレビ!」出演のお知らせ ■□

2015年2月27日(金)深夜1:25~4:25、テレビ朝日「朝まで生テレビ!」に後藤政志理事長がパネリストとして出演します。
深夜の時間帯ですが、みなさま是非ご覧ください。

番組ホームページ
http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/
http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/contents/theme/cur/

「激論!原発再稼働と日本のエネルギー」

まもなく4年!いま、福島は…
ド~する?!帰還問題
ド~する?!汚染水・廃炉問題
再稼働?!“川内原発”“高浜原発”
ド~する?!避難計画
ド~する?!原子力発電
ド~する?!“核のゴミ”問題
ド~する?!エネルギーミックス
ド~なる?!日本の未来

戦後70年、そして福島原発事故から4年!
問われる日本の選択と覚悟を徹底討論!

番組進行:
村上祐子(テレビ朝日アナウンサー)、佐々木亮太(テレビ朝日アナウンサー)

司会:
田原 総一朗

パネリスト:
山本一太(自民党・参議院議員、党原子力政策・需給問題等調査会顧問)
阿部知子(民主党・衆議院議員、衆院原子力問題特別調査委委員)
飯田泰之(明治大学政治経済学部准教授)
池田信夫(アゴラ研究所所長)
嘉田由紀子(前滋賀県知事)
後藤政志(NPO「APAST」理事長、元原子力プラント設計技師)
澤田哲生(東京工業大学原子炉工学研究所助教)
吉岡斉(九州大学教授、元政府事故調査委員会委員)
徳田勝章(鹿児島県薩摩川内市峰山地区コミュニティ協議会会長、元川内原発次長)
西本由美子(NPOハッピーロードネット理事長、経産省廃炉・汚染水対策福島評議会
メンバー、福島県在住)
藍原寛子(ジャーナリスト、ジャパンパースぺクティブニュース代表、福島県在住)
吉野実(テレビ朝日報道局原発担当)

APAST Report_002A 「原発の温排水が日本海表面温度に及ぼす影響」

原発の温排水が日本海表面温度に及ぼす影響
著者 平松健男(APAST会員)

1.緒言

原発の発電効率は33~35%と低く、発電エネルギの約2倍のエネルギを温排水として海面に放出する。日本の原発(総出力4,890万kw)では、汲み上げた海水を7°C上昇して海面に放出しており、年間放出量約1千億トンは、日本の河川総流量の1/4に達する。東シナ海・日本海に面する日本の原発出力は2,980万kw、韓国の原発出力は1730万kwである。2011年3月の大震災以降、日本の原発は次々と稼動を停止し、12年5月には全面停止した。

続きはPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
APAST Report_002A