2016年4月24日 APAST共催イベント 「私たちの命と生活を脅かす原発とは何か」

放射NO!会議in鳩山と以下のイベントを共催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

「私たちの命と生活を脅かす原発とは何か」
元原発設計者が語る原子力発電の真実

日 時 2016年4月24日(日) 14:30~
場 所 鳩山町ふれあいセンター 3F(鳩山ニュータウン内)
住 所 埼玉県比企郡鳩山町松ヶ丘1丁目2-4
    地図はこちらです→ https://goo.gl/maps/DiptKLn5oxq
参加費 500円

【主催】放射NO!会議in鳩山
【共催】NPO法人APAST
【後援】鳩山町、鳩山町教育委員会

チラシのPDFファイルはこちらです。
放射NO!会議0424講演会

20160309「69の会」に後藤政志がオーガナイザーで登壇

毎月「9」が付く日に開催されている69の会(ロックの会)に、理事長後藤政志がオーガナイザーで登壇します。
出演はAPAST事務局長の筒井哲郎、会員の小倉志郎さんと福島老朽原発を考える会(フクロウの会)代表の阪上武さんです。

以下、69の会実行委員会からの案内です。
お時間が有る方は、是非ご参加ください。
当日IWJが会員向けにUSTREAMで限定配信を行います。
IWJの会員でない方はこの機会にぜひ会員登録し、限定配信をご覧ください。

————————–
皆様、いつも69の会にご関心をお寄せ頂きありがとうございます。

日本では3.11の東日本大震災とレベル7の原発事故が複数同時進行するまま収束に至らずに5年が経過しようとしています。事故後5年ではなく事故の最中のまま5年が経過してなお継続中という認識が正しいかと思います。

この度、69の会として焦点を当てるのは「進行中の原発事故、その現状」です。
オーガナイザーは69の会ではおなじみの後藤政志さん(元東芝原発設計技術者、NPO”APAST”理事長)にお願い致しました。

ゲスト

筒井哲郎さん(元プラント技術者・原子力市民委員会規制部会長),
小倉志郎さん(元東芝・原発技術者・軍隊をもたないコスタリカの学ぶ会)、
阪上武さん(原子力規制を監視する市民の会)です。

1.「福島第一原発と周辺の状況」 
  ~海側から見た福島第一原発とドローン空撮による減容化施設の現状~

 まず2月半ばに福島を取材した時の映像(約20分程度)を解説、紹介頂きます。
①最近の福島原発の海から見た映像(船からとった動画)
②原発閾値周辺の汚染個所や瓦礫・汚染物の状況
③減容化施設の状況航空動画(ドローンから撮った映像など)後藤さん、筒井さん 

2.「原発の規制基準の問題と再稼働」
  ~高浜4号トラブル、再稼働を巡る状況と原子力規制の在り方がどのようになっているか~ 

①高浜4号機のトラブルと再稼働の問題(仮) 後藤さん                    
②原子力規制のあり方の問題点  
  ~原発が化学プラントとどのように違うか、プラント技術者の視点から原発の問題を抉り出します~ 筒井さん
③形骸化する原子力規制  
   ~再び”規制の虜”になりつつある原子力保安院~ 阪上さん

3.「元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ」および「原発を並べて防衛戦争はできない」の著者・小倉志郎さん 

69の会 発起人より松田美由紀、岩上安身も参加致します。
みなさま、お誘い合わせの上ご参加下さいませ。
どうぞよろしくお願い致します。

◆日時 2016/2/9(火)開場19:30 20:00開始~22:30終了   
◆会場 代官山 カフェラウンジ UNICE(ユナイス) http://www.unice.jp/ 
     東京都渋谷区恵比寿西1-34-17 Za HOUSEビルB1 
    地図:https://goo.gl/maps/hZoLK  
◆参加費:3,500円 軽食、飲み放題代金 会場受付にてお支払
    ※釣銭無きよう、ご協力お願いします。
誠に勝手ながら事前に来場者数を把握したいので、お名前・ご職業ご記入の上、お早めに info@69nokai.com (担当 小澤) までメールをください。

~69の会発起人~
松田美由紀
岩井俊二
小林武史
岩上安身

~持ち回りオーガナイザー~
マエキタミヤコ
吉岡達也
津田大介
堀潤

(69の会は全てボランティアで運営しています。ゲストの先生方も全てボランティアです。)