2017年1月15日 APASTイベント 「漂流する原発の行方」

以下の内容でイベントを開催いたします。

テーマ:漂流する原発の行方

巨大な被害を出した福島原発事故から5年半。
その後始末は遅々として進まず、膨大な被災者を無視することによって人びとは平静を装っています。政府はオリンピックを喧伝して目をそらす一方、原発を救済・推進する新たな施策を次々に打ち出しています。

社会は新約聖書の「黙示録の四騎士」が跳梁するようなすさんだ方向に向かいつつあります。
人間の都合を超えた自然の摂理をくみ取り、社会の倫理を考えたいと思います。

日時:2017年1月15日(日)13:00開場 13:30~17:15
場所:加瀬の貸し会議室 入谷ホール
    東京都台東区入谷1-27-4 プラーズ入谷2階
   (日比谷線入谷駅3番出口徒歩3分)
    地図→https://goo.gl/maps/8N5rSU9jKus
参加費:一般:1000円 学生・APAST会員:500円

プログラム:
13:30~15:30
第一部 基調講演

久保文彦(上智大学神学部神学科講師)
 「キリスト教と脱原発の倫理」
   教会が原発問題に発言する理由
   人知を超えた自然の摂理
   自然環境といのちに対する責任
筒井哲郎(APAST理事・元プラント技術者)
 「混迷する福島現場の後始末」
   契約時から利権まみれの凍土壁
   国費の注入で行っている違法労働契約
   目先をごまかす「中長期ロードマップ」

15:30~15:45
休憩 

15:45~17:15
第二部 パネルディスカッション 
  パネラー 久保文彦+筒井哲郎
       +中島吉弘(桜美林大学教授)
       +佐藤和宏(アートディレクター)
  モデレーター 後藤政志(APAST理事長・元原発技術者)

主 催:NPO法人APAST
    東京都千代田区西神田2-5-5ヤスノビル3E
    TEL:03-5213-4917(NPOウシトラ旅団と共用)
    FAX:03-5213-4916
    Mail:apast.info@gmail.com
    Twitter:https://twitter.com/APASTJapan
    Facebook:https://www.facebook.com/APAST.jp

※イベント終了後、懇親会も開催します。17:30~19:30
(近隣の飲食店にて開催を予定です。参加ご希望の方は当日休憩時間迄にお申込み下さい)

皆様のご参加をお待ちしております。


2016年11月6日 APASTイベント 「原発事故は爆発だ! 水蒸気爆発と水素爆発を考える」

以下の内容でイベントを開催いたします。

テーマ:原発事故は爆発だ! 水蒸気爆発と水素爆発を考える

「水素爆発や水蒸気爆発は、安全の砦たる格納容器を破壊の脅威にさらすことになる。
原子力規制委員会は、科学的根拠がないまま、水蒸気爆発が発生する可能性が小さいとし、水素爆発に関しても濃度が爆発限界に達しないとして、事故の危険性を矮小化している。
現原子力規制は、まるで福島事故やTMI事故、チェルノブリ事故などなかったかのごとく、原子力事故に必然的に付随する爆発現象を無視している。このシンポジウムでは、それぞれの専門家が科学的視点と原子力規制の両面から徹底的に解説する。

日時:2016年11月6日(日)13:00~17:00 12:30開場
場所:入谷ホール
住所:東京都台東区入谷1-27-4 プラーズ入谷2階
   地図はこちらです→ https://goo.gl/maps/8N5rSU9jKus
参加費 一般:1,000円 学生・APAST会員:500円

プログラム:
第一部[基調講演]
13:00~15:15
高島武雄「水蒸気爆発の科学─研究者からみた水蒸気爆発」
 水蒸気爆発の科学と不思議な現象
 各試験結果の解釈と原子力における評価の誤り
 科学の原則を無視した原子力規制
滝谷紘一「原子力規制における水素爆発の評価─水素爆発規制に関する問題点」
 PWR格納容器内の水素爆発について
 水素の発生量の恣意的な過小評価
 労働安全衛生規則の水素爆発防止規定に反する原子力規制

15:15~15:30 休憩

第二部[パネルディスカッション]
15:30~17:00
 基調講演者 高島武雄+滝谷紘一
 パネリスト
 後藤政志(APAST理事長・元原発技術者)
 筒井哲郎(APAST理事・原子力市民委員会規制部会長・元プラント技術者)

★お詫び★
 チラシに記載が有りました小倉志郎さんは、都合により不参加となしました。
 楽しみにしていた皆様にお詫びいたします。

懇親会(希望者)
17:30~19:30 (近くの飲食店で)

事前人数把握の為に、事前お申し込みを以下メールアドレスへお願いいたします。
お問合せ apast.info@gmail.com

皆様のご参加をお待ちしております。


2016年9月24日 もっかい事故調・オープンセミナー 「新規制基準で過酷事故対策は可能か?」

もっかい事故調・オープンセミナー
新規制基準で過酷事故対策は可能か?─原子炉格納容器の役割とその破綻─

格納容器は設計基準事故(DBA)に対して放射性物質の拡散を防止するよう設計してきた。新規制基準では過酷事故(温度、圧力、放射線レベルなどが設計条件を超える)の発生が前提とされている。

しかしその前提に立てば格納容器自体の変形量やフランジの密封機能、電気部品、計装品、信号ケーブル、ケーブルペネトレーション(貫通部)等まで含めて総合的に設計し直さねば事故対応はできない。原発の安全性の主要な設備である格納容器の設計の建前と現実について整理し、格納容器設計に携わった技術者の視点で問題点と課題について報告する。

【講師】
渡辺敦雄(元東芝技術者/主としてマークⅠ型格納容器の設計に従事)
後藤政志(元東芝技術者・APAST理事長/主として過酷事故時の耐性評価に従事)
【コメンテーター】
小倉志郎(元東芝技術者/原発の設計、建設、保守工事の現場まで広い経験を持つ)

2016年9月24日(土) 13:00~16:30
岩波セミナールーム(岩波アネックス3F)
東京都千代田区神田神保町2-3
資料代 500円

【主催】もっかい事故調*(代表世話人・田中三彦)
    *国会事故調において事故の原因調査をしたメンバー(元委員と元協力調査員)有志が、
     自主的に調査検討を継続しているグループ。
【協賛】原子力資料情報室 NPO法人APAST
【連絡・問い合わせ先】090-4422-5394(澤井正子) もしくは mokkai.jikocho@gmail.com

2016年8月13日 APASTイベント 「やめられない とまらない 原発輸出」

以下の内容でイベントを開催いたします。

テーマ:やめられない とまらない 原発輸出・東芝問題の「なぜ?」

未曾有の原発事故を引き起こしながら原発再稼働、原発輸出にひた走るこの国のあり方とは?
国民生活とも密接に関わる経済活動・大企業運営の歪みを解き明かしこの国の行方を考える。

日時:2016年8月13日(土)13:00~17:00

場所:NATULCUK飯田橋東口駅前店 4F大会議室B
住所:東京都千代田区飯田橋4-8-6 日産ビル
(JR東口/地下鉄 有楽町線・東西線・南北線・大江戸線 A出口.徒歩3分)
地図はこちらです→ https://goo.gl/maps/VaEZXrrhaxH2

参加費 一般:1,000円 学生・APAST会員:500円

プログラム:
第一部[基調講演]
13:00~14:15 東芝問題と原発輸出企業の現状
          川井康郎(プラント技術者の会・原子力市民委員会規制部会)
14:15~15:15 世界の原発市場一日本はなぜ原発を輸出するのか
          鈴木真奈美(ジャーナリスト)

15:15~15:30 休憩

第二部[パネルディスカッション]
15:30~17:00
 川井康郎(プラント技術者の会・原子力市民委員会規制部会)
 鈴木真奈美(ジャーナリスト)
 後藤政志(APAST理事長)
 筒井哲郎(APAST理事)
 小倉志郎(正会員)

懇親会(希望者)
17:30~19:30 (近くの飲食店で)

事前人数把握の為に、事前お申し込みを以下メールアドレスへお願いいたします。
お問合せ apast.info@gmail.com

皆様のご参加をお待ちしております。


2016年4月24日 APAST共催イベント 「私たちの命と生活を脅かす原発とは何か」

放射NO!会議in鳩山と以下のイベントを共催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

「私たちの命と生活を脅かす原発とは何か」
元原発設計者が語る原子力発電の真実

日 時 2016年4月24日(日) 14:30~
場 所 鳩山町ふれあいセンター 3F(鳩山ニュータウン内)
住 所 埼玉県比企郡鳩山町松ヶ丘1丁目2-4
    地図はこちらです→ https://goo.gl/maps/DiptKLn5oxq
参加費 500円

【主催】放射NO!会議in鳩山
【共催】NPO法人APAST
【後援】鳩山町、鳩山町教育委員会

チラシのPDFファイルはこちらです。
放射NO!会議0424講演会

2016年4月3日 APASTイベント 「原発からの命の守り方」を考える

以下の内容でイベントを開催いたします。

「原発からの命の守り方」を考える
福島原発事故から5年、あらためて被曝実態を捉えなおしつつ、原発事故対策を考える

日 時 2016年4月3日(日) 13:30~17:00(開場は13:00頃)
場 所 入谷ホール
    東京都台東区入谷1-27-4 プラーズ入谷2階
    地図はこちらです→ https://goo.gl/maps/8N5rSU9jKus
参加費 一般:1,000円 学生・APAST会員:500円

【主催】NPO法人APAST

当日の登壇者の方々とスケジュールは以下です。

■13:30~13:40
はじめに「シンポジウムの目的」
・後藤政志(NPO法人APAST理事長)

■13:40~15:10
第一部【基調講演】
・守田敏也(フリージャーナリスト)

■15:30~17:00
第二部【パネルディスカッション】
・基調講演者
 守田敏也
・パネリスト
 筒井哲郎(APAST理事・原子力市民委員会規制部会長・元プラント技術者)
 小倉志郎(コスタリカに学ぶ会・元原発技術者)
 青木一政(ちくりん舎(NPO法人市民放射能監視センター)理事)
 後藤康彦(菌類懇話会事務局)
・司 会
 後藤政志(APAST理事長、元原発設計技術者)

詳しくは以下のチラシをご覧ください。

事前人数把握の為に、事前お申し込みをお願いいたします。

お申し込みは終了いたしました。
当日現地へ直接お越しください。

当日は出演者の著書、関連図書、グッズ等の販売もございます。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

お問合せ apast.info@gmail.com

チラシのPDFファイルはこちらです。
apast_flyer160403_1

apast_flyer160403_2


8月2日 APASTイベント「市民社会と原発」

APASTは2015年度第一回目のイベントを開催いたします。

「市民社会と原発 科学・技術と社会的合意形成」

日 時 2015年8月2日(日) 13:30~17:30(開場は13:00頃)
場 所 明治大学 中野キャンパス6階 研究セミナー室3
    JR中央線、東京メトロ東西線「中野駅」北口から徒歩約10分
    地図はこちらです→ https://goo.gl/maps/SDBV8
参加費 一般:1,000円 学生・APAST会員:500円

【主催】NPO法人APAST
【共催】明治大学安全学研究所

当日の登壇者の方々とスケジュールは以下です。

■13:30~13:40
はじめに「シンポジウムの目的」
・後藤政志(NPO法人APAST理事長)

■13:40~15:10
第一部【基調講演】
・筒井哲郎(APAST理事、原子力市民委員会規制部会長、プラント技術者の会)
『原子力規制基準における市民合意』

・平川秀幸(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授)
『科学技術と社会の未来は誰がどのように決めるべきなのか』

■15:10~15:30 休憩

■15:30~17:30
第二部【パネルディスカッション】
・基調講演者
 筒井哲郎
 平川秀幸
・パネリスト
 杉本旭(明治大学理工学部教授、新領域創造安全学専攻)
 友澤悠季(立教大学非常勤講師、環境社会学)
 久保文彦(上智大学神学部講師、キリスト教学)
・司 会
 後藤政志(APAST理事長、原子力市民委員会委員、元原発設計技術者)

当日は出演者の著書、関連図書、グッズ等の販売もございます。
詳しくは以下のチラシをご覧ください。

事前お申し込みはこちらです。
事前お申込み 申込は締め切りました。直接会場へお越しください。
当日は警備の都合上、お名前の記帳をお願いします。
事前にお申し込みいただきますと、ご入場がスムーズです。
尚、事前申し込みいただけない場合でも、ご入場頂けます。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

お問合せ apast.info@gmail.com

20150802_APASTイベントチラシ