2017年1月15日 APASTイベント 「漂流する原発の行方」

以下の内容でイベントを開催いたします。

テーマ:漂流する原発の行方

巨大な被害を出した福島原発事故から5年半。
その後始末は遅々として進まず、膨大な被災者を無視することによって人びとは平静を装っています。政府はオリンピックを喧伝して目をそらす一方、原発を救済・推進する新たな施策を次々に打ち出しています。

社会は新約聖書の「黙示録の四騎士」が跳梁するようなすさんだ方向に向かいつつあります。
人間の都合を超えた自然の摂理をくみ取り、社会の倫理を考えたいと思います。

日時:2017年1月15日(日)13:00開場 13:30~17:15
場所:加瀬の貸し会議室 入谷ホール
    東京都台東区入谷1-27-4 プラーズ入谷2階
   (日比谷線入谷駅3番出口徒歩3分)
    地図→https://goo.gl/maps/8N5rSU9jKus
参加費:一般:1000円 学生・APAST会員:500円

プログラム:
13:30~15:30
第一部 基調講演

久保文彦(上智大学神学部神学科講師)
 「キリスト教と脱原発の倫理」
   教会が原発問題に発言する理由
   人知を超えた自然の摂理
   自然環境といのちに対する責任
筒井哲郎(APAST理事・元プラント技術者)
 「混迷する福島現場の後始末」
   契約時から利権まみれの凍土壁
   国費の注入で行っている違法労働契約
   目先をごまかす「中長期ロードマップ」

15:30~15:45
休憩 

15:45~17:15
第二部 パネルディスカッション 
  パネラー 久保文彦+筒井哲郎
       +中島吉弘(桜美林大学教授)
       +佐藤和宏(アートディレクター)
  モデレーター 後藤政志(APAST理事長・元原発技術者)

主 催:NPO法人APAST
    東京都千代田区西神田2-5-5ヤスノビル3E
    TEL:03-5213-4917(NPOウシトラ旅団と共用)
    FAX:03-5213-4916
    Mail:apast.info@gmail.com
    Twitter:https://twitter.com/APASTJapan
    Facebook:https://www.facebook.com/APAST.jp

※イベント終了後、懇親会も開催します。17:30~19:30
(近隣の飲食店にて開催を予定です。参加ご希望の方は当日休憩時間迄にお申込み下さい)

皆様のご参加をお待ちしております。


2016年11月6日 APASTイベント 「原発事故は爆発だ! 水蒸気爆発と水素爆発を考える」

以下の内容でイベントを開催いたします。

テーマ:原発事故は爆発だ! 水蒸気爆発と水素爆発を考える

「水素爆発や水蒸気爆発は、安全の砦たる格納容器を破壊の脅威にさらすことになる。
原子力規制委員会は、科学的根拠がないまま、水蒸気爆発が発生する可能性が小さいとし、水素爆発に関しても濃度が爆発限界に達しないとして、事故の危険性を矮小化している。
現原子力規制は、まるで福島事故やTMI事故、チェルノブリ事故などなかったかのごとく、原子力事故に必然的に付随する爆発現象を無視している。このシンポジウムでは、それぞれの専門家が科学的視点と原子力規制の両面から徹底的に解説する。

日時:2016年11月6日(日)13:00~17:00 12:30開場
場所:入谷ホール
住所:東京都台東区入谷1-27-4 プラーズ入谷2階
   地図はこちらです→ https://goo.gl/maps/8N5rSU9jKus
参加費 一般:1,000円 学生・APAST会員:500円

プログラム:
第一部[基調講演]
13:00~15:15
高島武雄「水蒸気爆発の科学─研究者からみた水蒸気爆発」
 水蒸気爆発の科学と不思議な現象
 各試験結果の解釈と原子力における評価の誤り
 科学の原則を無視した原子力規制
滝谷紘一「原子力規制における水素爆発の評価─水素爆発規制に関する問題点」
 PWR格納容器内の水素爆発について
 水素の発生量の恣意的な過小評価
 労働安全衛生規則の水素爆発防止規定に反する原子力規制

15:15~15:30 休憩

第二部[パネルディスカッション]
15:30~17:00
 基調講演者 高島武雄+滝谷紘一
 パネリスト
 後藤政志(APAST理事長・元原発技術者)
 筒井哲郎(APAST理事・原子力市民委員会規制部会長・元プラント技術者)

★お詫び★
 チラシに記載が有りました小倉志郎さんは、都合により不参加となしました。
 楽しみにしていた皆様にお詫びいたします。

懇親会(希望者)
17:30~19:30 (近くの飲食店で)

事前人数把握の為に、事前お申し込みを以下メールアドレスへお願いいたします。
お問合せ apast.info@gmail.com

皆様のご参加をお待ちしております。


2016年9月24日 もっかい事故調・オープンセミナー 「新規制基準で過酷事故対策は可能か?」

もっかい事故調・オープンセミナー
新規制基準で過酷事故対策は可能か?─原子炉格納容器の役割とその破綻─

格納容器は設計基準事故(DBA)に対して放射性物質の拡散を防止するよう設計してきた。新規制基準では過酷事故(温度、圧力、放射線レベルなどが設計条件を超える)の発生が前提とされている。

しかしその前提に立てば格納容器自体の変形量やフランジの密封機能、電気部品、計装品、信号ケーブル、ケーブルペネトレーション(貫通部)等まで含めて総合的に設計し直さねば事故対応はできない。原発の安全性の主要な設備である格納容器の設計の建前と現実について整理し、格納容器設計に携わった技術者の視点で問題点と課題について報告する。

【講師】
渡辺敦雄(元東芝技術者/主としてマークⅠ型格納容器の設計に従事)
後藤政志(元東芝技術者・APAST理事長/主として過酷事故時の耐性評価に従事)
【コメンテーター】
小倉志郎(元東芝技術者/原発の設計、建設、保守工事の現場まで広い経験を持つ)

2016年9月24日(土) 13:00~16:30
岩波セミナールーム(岩波アネックス3F)
東京都千代田区神田神保町2-3
資料代 500円

【主催】もっかい事故調*(代表世話人・田中三彦)
    *国会事故調において事故の原因調査をしたメンバー(元委員と元協力調査員)有志が、
     自主的に調査検討を継続しているグループ。
【協賛】原子力資料情報室 NPO法人APAST
【連絡・問い合わせ先】090-4422-5394(澤井正子) もしくは mokkai.jikocho@gmail.com

2016年8月13日 APASTイベント 「やめられない とまらない 原発輸出」

以下の内容でイベントを開催いたします。

テーマ:やめられない とまらない 原発輸出・東芝問題の「なぜ?」

未曾有の原発事故を引き起こしながら原発再稼働、原発輸出にひた走るこの国のあり方とは?
国民生活とも密接に関わる経済活動・大企業運営の歪みを解き明かしこの国の行方を考える。

日時:2016年8月13日(土)13:00~17:00

場所:NATULCUK飯田橋東口駅前店 4F大会議室B
住所:東京都千代田区飯田橋4-8-6 日産ビル
(JR東口/地下鉄 有楽町線・東西線・南北線・大江戸線 A出口.徒歩3分)
地図はこちらです→ https://goo.gl/maps/VaEZXrrhaxH2

参加費 一般:1,000円 学生・APAST会員:500円

プログラム:
第一部[基調講演]
13:00~14:15 東芝問題と原発輸出企業の現状
          川井康郎(プラント技術者の会・原子力市民委員会規制部会)
14:15~15:15 世界の原発市場一日本はなぜ原発を輸出するのか
          鈴木真奈美(ジャーナリスト)

15:15~15:30 休憩

第二部[パネルディスカッション]
15:30~17:00
 川井康郎(プラント技術者の会・原子力市民委員会規制部会)
 鈴木真奈美(ジャーナリスト)
 後藤政志(APAST理事長)
 筒井哲郎(APAST理事)
 小倉志郎(正会員)

懇親会(希望者)
17:30~19:30 (近くの飲食店で)

事前人数把握の為に、事前お申し込みを以下メールアドレスへお願いいたします。
お問合せ apast.info@gmail.com

皆様のご参加をお待ちしております。


APAST Essay_026A 「核廃棄物の後始末」

核廃棄物の後始末
著者 NPO法人 APAST 筒井哲郎

1.福島事故現場の後始末および使用済み核燃料の後始末
 1年前にわたしは、福島第一原発事故現場の後始末について、デブリ取り出しを100年または200年後に行うべきだ、という報告書を書いた(注1)。
 また、政府の機関である原子力発電環境整備機構(略称NUMO、近藤駿介理事長)は、高レベル放射性廃棄物・ガラス固化体などを地層処分する(地下深く、たとえば1000mの深さに埋める)ことを目指して、2000年に設立されて以来、過去15年余りの間、処分地の募集を行っているが、今のところ正式に応募した自治体はない(高知県東洋町は、正式な応募をしていない)(注2)。
 さらに、すでに48トン溜まっているプルトニウムは、処分方法が決まっていない。プルトニウムは核兵器の原料だから、安全保障上の懸念を抱いている諸外国に対して、その方針を説明する必要がある。
 フィンランドではオルキルオト島の地下岩塩層内に、深さ420m、総延長42kmのトンネルを作り、総重量5500トンの核廃棄物を搬入し、その後トンネルをベントナイト(粘土)で埋め殺す方法を決定した。
 ドイツでも、アッセというところで岩塩層に低・中レベル放射性廃棄物を地層処分する最終処分場が20年ほど前に作られた。しかし、地下水の浸水などで岩塩層ドームの崩落などが危惧されている(注3)。
 これらの問題は、つとに「トイレなきマンション」と指摘されてきたが、さまざまな種類の後始末が、「後世への最大遺物」になっている。

続きはこちらをダウンロードしてご覧ください。

APAST Essay_026A

APAST Essay_025A 「核の技術システム」

核の技術システム
著者 NPO法人 APAST 筒井哲郎

1.核の平和利用と軍事利用
一度獲得した知識は忘れることができない。水爆をいったん作ってしまったら、その知識を全人類の知識の中から消してしまうことはできない(注1)。ある集団がある時期「平和利用に徹して、決して軍事利用しない」と決意しても、少数勢力が軍事利用を目指せば、軍事利用は実現してしまう。
 戦後日本は、「原子力の平和利用」を国の政策として推進してきた。しかし、つねに核武装のポテンシャルを追求する政治集団があった。わけても現安倍政権は衣の下の鎧が透けて見えることを気にかけないところまで来ている。これは何も日本だけの状態ではない。世界の原発推進国はすべてそうだといってもよい。つまり、核技術は、平時には発電、非常時には核兵器を作る軍事技術である(注2)。それを分けて宣伝しているのは日本だけであって、世界の常識は一体である。

続きはこちらをダウンロードしてご覧ください。

APAST Essay_025A

APAST Essay_024A 「熊本平成群発地震に思う」

熊本平成群発地震に思う
著者 市民科学者 橋本正明

 今回の熊本を中心とした群発地震の始まりの大余震から1ヶ月が経過した。これまでに観測された震度1以上の有感地震は1400回以上、これは阪神淡路大震災以降の日本において最多の数字とされている。確かにこれだけの群発地震は我々の『記憶』には無い。しかし類似の地震現象はこの地方には古くからあったようであるし、高々ここ数十年のデータで悠久に営まれてきた地殻変動をさも『見切った』かのように断じて判断するのは多分に危険であるだろう。そしてもう一つ上記に付随して特筆すべきことがある。それは耐震建築基準を満たした住宅であっても大余震での震度7を耐えた後に再度本震での震度7の直撃を受け倒壊してしまったことである。我々はまたしても『想定外』に直面してしまったのである。つまり『震度7は二度続けて来ることは無い』という経験上における暗黙の大前提が崩れ去ってしまった事実をこれは意味するのである。

続きはこちらをダウンロードしてご覧ください。

APAST Essay_024A

APAST Essay_023A 「原発推進者たちのダブルスタンダード」

原発推進者たちのダブルスタンダード
著者 NPO法人 APAST 筒井哲郎

1.サミットと福島の作業自粛
 福島第一現場では、伊勢志摩サミット期間中、必要最小限の作業以外を止めると東電は言っている(注1)。他方、川内原発は近隣に地震があっても止める必要はないと原子力規制委員会も県知事も言っている。原因がテロであれ、事故であれ、起きてしまえば、原発が静止中よりは運転中の方が放射能放出量が格段に多い。したがって優先順位として、福島以上に川内を止めることが急務である。

続きはこちらをダウンロードしてご覧ください。

APAST Essay_023A