APAST Report_003A「老朽化原発:どこが危険か」

老朽化原発:どこが危険か
著者 NPO法人 APAST 後藤政志

1.30年~40年も経つと、プラントは腐食、疲労、応力腐食割れ、減肉など、劣化や欠陥が生じるのが普通である。

続きはこちらをダウンロードしてご覧ください。

APAST Report_003A

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip