2016年4月3日 APASTイベント 「原発からの命の守り方」を考える

以下の内容でイベントを開催いたします。

「原発からの命の守り方」を考える
福島原発事故から5年、あらためて被曝実態を捉えなおしつつ、原発事故対策を考える

日 時 2016年4月3日(日) 13:30~17:00(開場は13:00頃)
場 所 入谷ホール
    東京都台東区入谷1-27-4 プラーズ入谷2階
    地図はこちらです→ https://goo.gl/maps/8N5rSU9jKus
参加費 一般:1,000円 学生・APAST会員:500円

【主催】NPO法人APAST

当日の登壇者の方々とスケジュールは以下です。

■13:30~13:40
はじめに「シンポジウムの目的」
・後藤政志(NPO法人APAST理事長)

■13:40~15:10
第一部【基調講演】
・守田敏也(フリージャーナリスト)

■15:30~17:00
第二部【パネルディスカッション】
・基調講演者
 守田敏也
・パネリスト
 筒井哲郎(APAST理事・原子力市民委員会規制部会長・元プラント技術者)
 小倉志郎(コスタリカに学ぶ会・元原発技術者)
 青木一政(ちくりん舎(NPO法人市民放射能監視センター)理事)
 後藤康彦(菌類懇話会事務局)
・司 会
 後藤政志(APAST理事長、元原発設計技術者)

詳しくは以下のチラシをご覧ください。

事前人数把握の為に、事前お申し込みをお願いいたします。

お申し込みは終了いたしました。
当日現地へ直接お越しください。

当日は出演者の著書、関連図書、グッズ等の販売もございます。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

お問合せ apast.info@gmail.com

チラシのPDFファイルはこちらです。
apast_flyer160403_1

apast_flyer160403_2


Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip